店内案内ペットホテルクリニックトリミングアクセスペットホテル予約
院長 よもやま話

寒い時期、どうやって暖を取るか?は、各家庭によって様々ですよね。ちなみに、私はエアコンが苦手なため、この時期は重ね着が欠かせません。それでも、寒さが厳しい時期は堪えるので、なるべく空気が乾燥しない熱源をを利用して過ごしています。

  

そんな私が重宝している熱源が【ゆたんぽ】です。ゆたんぽの暖かさは、ゆたんぽを使ったことがない方にはわからないと思いますが(ん?あたりまえ??)、とにかく暖かいんです!
たとえば、ゆたんぽを膝に乗せ、その上にひざ掛けをかけたら下半身がポカポカになります。

コタツの電源を入れずにゆたんぽを入れておけばコタツの中はほんわり暖かい空間になります。

また、寝る前に布団の足元に入れておけば、布団の中がポカポカになり、寝つきもよくなります。

 

ゆたんぽが暖かくて気持ち良いのは人だけではなく、犬も猫も同じです。看板猫たちもゆたんぽが大好き!特に花ちゃんは、出勤して自分のベッドにゆたんぽが設置されていないと、『早くゆたんぽセットしてよ〜!(*`Д´*)』と苦情申し立てをしてくるほど。なので、私の仕事は、朝、ゆたんぽ用のお湯を沸かすことからはじまります(笑)

 

ゆたんぽの魅力はたくさんありますが、主なふたつを挙げてみます。


【電源が必要ないこと】…電源が必要ありませんから持ち運びも簡単ですし、エコですし、電磁波の悪影響も防げます。

 

【空気を乾燥させないこと】…エアコンの使用による空気の乾燥は、喉の不調を始めいろいろな体調不良を引き起こす原因になります。

 

 

寒い冬はしんどいですが、ぜひ【ゆたんぽ】もうまく取り入れて、ペットも人も快適な冬をお過ごしください♪

 

     

 

以上、院長よもやま話「ゆたんぽの魅力」でした。 


【その他の記事を読む】

調理法「50度洗い」

50℃洗いのススメ

栄養のお話「オイル・脂肪酸」

オイルシリーズ1(脂肪酸の種類

栄養のお話「オイル・脂肪酸」

オイルシリーズ2
(
脂肪酸の働き

オートミール薬浴

オイルシリーズ3
(不飽和脂肪酸の分類とその働き)

 

オートミール薬浴

トランス脂肪酸
について


前の記事 >

一覧を見る

次の記事 >

院長メッセージ

概要

料金

光が丘店 診療予約

世田谷店 診療予約

サプリメント一覧

院長よもやま話

ペットホテル 三毛猫 花(はな)のトリミングレポート
手作り食一問一答
光が丘店の日々あれこれ
ペットの食育入門講座
お客様写真館