お知らせ

ペットホテル 三毛猫 花(はな)のトリミングレポート
手作り食一問一答
光が丘店の日々あれこれ
ペットの食育入門講座
お客様写真館
お知らせ

2012.03.11東北関東大震災による災害へのお見舞いと復興祈念


あの大震災から、丸1年がたちました。

改めまして、

 東北関東大震災でおなくなりになられた多くの人々に、追悼の意を表します。

 また、被害を受けられた地域の皆様、そして大切な人を失われたかたがたに、

 心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

1年前、震災が起こり、私を含め、多くの方が期せずして意識の転換を迫られることになったと思います。

この1年間で自分が考えたこと、思うことを、追悼の意も込めまして書き連ねさせていただきたいと思います。

 


2011年の3月11日。

震災が発生した当時、私はパシフィコ横浜にて獣医内科学セミナーを受けている真っ最中でした。

揺れ始めてしばらくは、私も含めおそらく全ての人が「すぐに地震は収まるだろう」と思っていたと思います。
が、2分以上の止まらない大きな揺れの後、会場に入ったヒビが確認され、講義は中断。
会場が崩壊する可能性も考え、全員がパシフィコの外に避難する事になりました。

パシフィコの外で待つこと約2時間(くらいだったと思います、あまり記憶が定かではありません)、

知人と話しながらのんびりセミナーが再開されるのを待っていました。

 

今考えれば、非常に海から近距離の場所にいたわけで、東北のように津波が襲ってきていたら

間違いなく飲み込まれていただろうと思いますが、知らないって幸せなことなんだなぁ(笑)と思いましたし、
自分がいかに恵まれていたのかと、今更ながら感じます。

その後、少しずつ情報が入ってきはじめて。
あの、津波がすべてをなぎ払ってすすんでいく映像を見たときの感情を、今でも忘れる事が出来ません。 
恐怖心とか、そんな生やさしい感情ではなくて…、当時は“絶望とはこんな感情なのかもしれない”と感じました。

 

それ以外にも、いろんな感情が頭をよぎりました。

 被災地で苦しんでいる方たちになにをすることができるだろうか?

 そもそも私1人が何かしたところで意味がないのではないだろうか?

 自分の生が今回残された意味があるのだろうか?
 自分よりも、もっともっと生きるべき人はいたのではないか?
 自分はなにをするためにこの世に残されたのだろうか?
 それともそもそも事象には意味なんてないのだろうか?

 

今思い返しても、本当にあの頃の自分は混乱し、模索していたんだなあと思います。 

 

 

ただ、そんな中で、どんなに被災した方々に想いを寄せて眠れずに夜を過ごしても
朝になれば自分の生活は変わりなくやってくるということがわかりました。

震災の後も、自分が仕事を続けられているということがどれだけの幸せなことなのかということも改めて認識し、
自分がいろんな方々に支えられて立っているということもわかりました。

 

まるで自分のご家族のようにフィルウのスタッフの安否を気遣ってくださった飼主様。

「東京は大変でしょう!」と救援物資を送ってくださった飼主様。

震災の後も、変わらずお店に通ってくださる飼主様。
私の顔をみるて変わらずシッポを振ってくれる犬たち。

なにも変わってないよと教えてくれているようなふるまいをする猫たち。


なにより、スタッフには感謝が尽きません。
震災の後の混乱の時期にも、逃げ出すことなく変わらずお店を支えてくれました。

 

 

結局、何日かいろいろ考えてそのときに自分なりに出した結論は
「今、自分に与えられている仕事を黙々と果たしていこう」ことでした。

自分や、その周りの人すら支えられないような人間が

被災地を、そして日本を支えようなんておこがましいにもほどがあるだろう!と。

 

浮き足立たず、きちんと自分の目の前の現実に向かい合って地に足をつけた生活を送ることが、

被災地を、そして日本を支えることになるはずだと、思ったのです。


ですのでまずは、自分が自分の足で立ち、そして、自分と一緒に働いてくれる人を支え、

そして、自分たちとご縁がある人たちを支えることを一番に考えよう、と、そう思いました。

 

 

そして、その思いは震災から1年が経過した今も同じで変わりません。

 

今回の震災に付随する状況に関して不平不満を言う事は簡単だし、
誰かを悪者にする事で自分の罪悪感が減り楽になることもあるかもしれませんが、
私は今の日本の辛い状況は、自分のこれまでの無関心が引き起こしたものだと思います。


便利で安全快適な世の中に浸りきり、備えを怠っていた結果として生じたもの。
それを、全て他人や国のせいにして、「自分は悪くない!」とは、とても考えられないのです。

 

日本に現在生じている状況や、これから生じてくるであろう状況は、

自分の行ってきた事の結果として甘んじて受け入れて行くつもりです。
その上で、被災地を、そして日本を持ち上げて行くべく、一人の日本国民として努力していこうと思っています。

 

 

ながい文書をお読みいただきありがとうございました。

 

一刻も早い被災地の復興を、心より祈念しております。

ペットホテル&クリニック フィルウ
代表 紺谷有子

←一覧ページに戻る PAGE TOP
ペットホテルのご予約・各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

sitemap
Copyright FILOU All Rights Reserved.
メールでのお問い合わせはこちら ペットホテルのご予約はこちら 世田谷店マップ 光が丘店マップ
メールでのお問い合わせはこちら ペットホテルのご予約はこちら 地図