ペットホテル 東京 FILOU(フィルウ)。獣医師が経営する安心快適な ペットホテル です。


予約

サプリメント

米糠から作った消化酵素 ドッグザイム

お腹の弱い子や食の細い子に
シニアのサポートサプリとして

ドッグザイムドッグザイムは、有機栽培・特別栽培された米ぬか米胚芽を麹菌で醗酵させて作った消化酵素に多種類ミネラルを加えた、おなかの働きを強力にサポー トするサプリメントです。

◆ ◇ ◆ 消化酵素とは? ◆ ◇ ◆

消化酵素は、摂取した栄養素を体が吸収しやすい形に分解(消化)する物質です。

アミラーゼ:炭水化物を、ブドウ糖やマルトース、オリゴ糖などに分解します。
プロテアーゼ:タンパク質やペプチドを、アミノ酸に分解します。
リパーゼ:脂肪を、脂肪酸とグリセリンに分解します。

もともと消化酵素は食事を摂取する際に内臓から分泌されますが、加齢・体調不良などにより消化酵素分泌量が低下してしまったり、食べ過ぎなどで摂取量に消化酵素分泌量が追い付かない場合には問題が生じてきます。食物が未消化状態のままで腸内を通過してしまうと、栄養を十分に吸収できなくなってしまったり、腸内細菌バランスが乱れて下痢が起こる原因となります
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

消化酵素を補うことにより得られるメリットは
◆未消化物の量を減らし、腸内細菌の乱れを改善することでおなかを強くする。
◆未消化物を吸収することにより生じる排泄トラブル(皮膚炎、外耳炎、指間炎など)を改善する
◆食べても食べても太れなかった子が太れるようになる
◆腸の吸収効率を高め、栄養を効率よく吸収することで筋肉が付く・体力が付く・免疫力が高まる
◆消化にかかるエネルギーが少なくなる分、体のメンテナンスにエネルギーを使うことができる
などがあります。

◆ ◇ ◆ 多種類ミネラルとは? ◆ ◇ ◆
ドッグザイムには消化酵素だけでなく、多種類のミネラルが含まれています。 ミネラルは5大栄養素のひとつでもあり、体が健康で正常な働きをするためになくてはならない大切な存在です。その具体的な働きとしては、体の中で栄養素を運ぶ・神経の興奮を伝える・骨や筋肉や血液を作るなどがあります。

ミネラルは体内で合成することができないので、日々食事から摂取する必要があります。大量に摂取する必要はありませんが、バランスよく多種類のミネラルを摂取するのが好ましいです。
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

そんな消化酵素と多種類ミネラルからできたドッグザイムは、こんな子におすすめします。

●お腹が弱い・下痢をしやすい子に
●体力がない子に
●免疫力がなく、病気がちな子に
●毛艶が悪い・バサつく子に
●皮膚トラブルを起こしやすい子に
●食べても食べても太れない子に
●病気後・手術後の回復期に
●シニアの体調管理に
●栄養不足が気になる方に

<<フィルウでのドッグザイム使用例>>

テリア・2歳・16kg 
使用量:一食に3錠(一日6錠)
指の間や内股を執拗になめる・あちこちの毛やけに悩まされていたため使用してもらったところ、なめることが減り、毛やけも改善しました。もともと食べても太れないタイプでしたが、食事内容も改善しながら併用したところ、体重も2kgほど増え、筋肉隆々のしっかりした体つきになり、毎日元気に跳ね回っているそうです。

シーズー・10歳・5kg
使用量:一食に1錠(一日2錠)
お腹のトラブル&皮膚のトラブルがあり使用してもらったところ、お腹を痛がる頻度が激減し、飼主様からみても「元気になった!」とわかるくらい活発に動くようになりました。皮膚のトラブルはまだ残りますが、トラブルが発生する頻度は徐々に減ってきているということで、継続して使っていただいています。

>> ドッグザイムをチェック!

保存方法

一日摂取目安量・使用法用

1回の食事につき、体重5キロあたりに1粒の割合で、食事やお水と一緒に食べさせてください。

【一日摂取目安量】
~5kg 1錠
5~10kg 2錠
10~20kg 3錠
20~30kg 4錠

※5kgあたり1錠を目安にして適宜与えて下さい
※与え初めに愛犬によってお腹が緩む、便秘になる場合もあります。
※直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存ください。

成分・原料

成分・原料

米ぬか、米胚芽、セルロース、米酢、にんにく、麹菌、塩湖水ミネラル液、ステアリン酸カルシウム、シェラック、メチルセルロース

※人用に製品化されたサプリメントをペット用として販売している製品です。 安全性が高く、安心して与えていただけます。


※ ワンちゃん猫ちゃんの体調や体質により、お身体に会わない場合がございますので、その場合はご使用を中止してください。
※ ご使用方法などはお気軽にお問い合わせください。
※ 現在、持病をお持ちの上でサプリメントを選ばれる場合には、診察時にご相談ください。