ペットホテル 東京 FILOU(フィルウ)。獣医師が経営する安心快適な ペットホテル です。


予約

サプリメント

気持ちが落ち着くサプリメント ジルケーン

日々の健康維持に最適なトータルサポート食品。
栄養バランスが心配な方にもおすすめです。

ジルケーン不思議色のカプセルに入ったこの“ジルケーン”と呼ばれるサプリメントには、ワンちゃんや猫ちゃんの不安な気持ちや恐怖心を緩和させ、気持ちを落ち着ける効果があります。

 
 
愛犬・愛猫が不安を強く感じているとき、その不安からなんとか逃れようとして攻撃や破壊などの問題行動に発展してしまうことがあります。そうなってしまうと、生活に支障が出てしまったり、飼主様にとってもストレスになってしまったりするため、好ましくない状況であると言えると思います。

不安の原因は様々であることと、また、不安原因がわかっていても、それを取り除くことが難しいケースもあり、根本解決が難しい場合も多々存在します。そういった場合に、不安を緩和させ、落ち着いた生活を送ってもらうためにぜひ使っていただきたいサプリメントです。
精神安定剤などのお薬ではありませんので、もし不安が安定するまでの期間が長期になってしまっても安心してご継続いただけます。

 
不安行動の一部をチェックリスト化してみましたので、愛犬・愛猫の不安行動が心配な方は、ぜひ当てはまる部分がどのくらい存在するかのチェックを行ってみていただければと思います。複数チェックリストに該当する場合は、日常で過度のストレスを感じている可能性が高く、早急な対応が必要な状態であるといえます。

<わんこの不安チェックリスト>

 □飼主様が外出すると、その間中、吠えたり鼻を鳴らし続けている
 □留守番をさせると、下痢をしたり吐いたりすることが多い
 □留守番中にだけ、排泄の失敗がある
 □お散歩に行くのを嫌がる
 □慣れない場所に行くと、舌をぺろぺろしたりあくびを多くする
 □家族以外の人からおやつをもらっても食べない
 □他の犬や人との挨拶が苦手
 □花火や雷の音が嫌いで、震えたり部屋の隅に隠れようとする
 □飼主様と一緒に寝ている(むしろ、一緒じゃないと眠れない)
 □ホテルに預けると下痢をする
 □ホテルに預けると食欲がなくなる
 □車に乗るとすぐによだれが出始める
 □出先では普段の食事や大好きなおやつを食べられなくなってしまう
 □新しい場所で遊ぶことができない
 □動物病院に行くと、緊張してハアハアする
 □動物病院から帰ると、疲れて寝続ける

<にゃんこの不安チェックリスト>

 □お客様が来ると、すぐに隠れて出てこなくなってしまう
 □窓越しに他の猫を見ると吐くことがある
 □よく毛玉を吐いている
 □毛づくろいをしすぎなんじゃないかと思うことがある
 □室内飼いなのに、尿スプレーをする
 □同居猫が近くによると威嚇する
 □同居猫とケンカをすることはないが、常に避けている様子がある
 □撫でている途中に急に逃げ出すことがある
 □ホテルに預けていると、スタッフに攻撃的だと言われる
 □ホテルに預けると下痢をする
 □ホテルに預けるとごはんを食べない・食が落ちる
 □動物病院に来ると、キャリーバッグから全く出てこない
 □診察が終わると、毛づくろいを激しく続ける

【ジルケーン使用例】

雑種犬・12歳・11kg 
使用量:75mgカプセルを朝2錠夜1錠
分離不安でお留守番の際には徘徊・破壊・トイレの粗相などが多々見受けられていましたが、ジルケーンの投薬を始めて約1週間目くらいから症状の緩和が見られはじめ、2週間をすぎたころからおちついてお留守番ができるようになりました。1か月服用して投薬を終了しました。

日本猫・10歳・6kg
使用量:225mgカプセルを一日1錠
庭に見知らぬ猫が入り込むようになり、室内でのマーキングが異常に増え、徘徊のような行動を起こすようになり困っていましたが、ジルケーンを飲み始めてそれが徐々におさまってきたとのこと。現在半年ほど継続しています。

日本猫・7歳・4kg
使用量:75mgカプセルを1日1錠
とにかくシャイでナイーブなタイプで、家族以外の人が家に入ると血尿を出すほどのストレスを受ける子でしたが、ジルケーンを継続して飲ませ始めてからは、体調不良が少なくなりました。半年ほど継続したのち、投薬を終了しました。

>> ジルケーン75mgをチェック!
>> ジルケーン225mgをチェック!

保存方法

一日摂取目安量・使用法用

~5kg    75mgカプセルを1錠
5~10kg  75mgカプセルを2錠
10~20kg 225mgカプセルを1錠
20~40kg 225mgカプセルを2錠
成分・原料

成分・原料

マルトデキストリン
カゼイン(トリプトシン加水分解牛由来カゼイン)
ステアリン酸マグネシウム

※ サプリメントのご使用方法などはお気軽にお問い合わせください。
※ 現在、持病をお持ちの上でサプリメントを選ばれる場合には、診察時にご相談ください。